《第9回広瀬川倶楽部チャリティーコンサート》

10月17日(金)、18:20〜20:40 「仙台市福祉プラザ:ふれあいホール」にて275名もの方々がご参加頂き、9回目のチャリティーコンサートを開催させて頂きました。今回の寄付金贈呈先は「ありのまま舎」・「藍の会」・「そよかぜ広場」の3団体。【収益金33万円】を等分して、ご来場の皆様の前で贈呈させて頂きました。開催趣旨にご賛同頂き、ご協力・ご参加頂いた大勢の方々にお礼申し上げます。

受付担当のスタッフ
ご出演者・スタッフの集合写真(数人所在不明)
本番前、確認事項の説明
毎回コンサート会場はご来場者で満席になります。今回も大勢の方がご来場下さいました。
司会の「小泉明日香さん」
中国からの留学生「方子銘さん」の「琴」の演奏で開演しました
モンゴルからの留学生「鳥利吉さん」は、今回は得意の歌で登場。
「鴻巣巧一さん」(初出演)
  『たずねてみちのく』・『知床漁歌』・・・良い歌ですよ!
「岳 たかしさん」(初出演) 
穏やかで優しい岳さんの『伜(せがれ)』は曲も歌詞も素晴しい!
今回最年少・初出演の「yammy(ヤミー)」のお二人
「リンさん」(ボーカリスト)
「菊地拓郎さん」(ピアニスト)
「希多はるみさん」
間もなく「アルバム」を発売されます
「奥山えいじさん」 (初出演)
今年、年男だそうです。新曲『お酒がしみる』・・・応援して下さい!
 
「maiさん(Jap-D mai)」(初出演)
  とってもパワフルなステージです!『夢は夜ひらく』はしびれました!

《寄付金贈呈》
「出演者」・「広瀬川倶楽部」を代表してお礼のご挨拶(坂上 満)

「ありのまま舎」へ寄付金贈呈
「藍の会」へ寄付金贈呈
「そよかぜ広場」へ寄付金贈呈
「ありのまま舎:柴田雅子様」からお礼のご挨拶
「藍の会:代表 田中幸子様」からお礼のご挨拶
「そよかぜ広場:理事長 伊藤史子様」からお礼のご挨拶
「羽岡 仁さん」(初出演)
第一回チャリティーコンサートから毎年出演して頂いていた《広島を代表するシャンソン歌手『山縣明久さん』》が昨年11月、急逝されました。山縣さんが音楽の世界で最も尊敬していた「羽岡さん」・・・山縣さんの遺志を受け継いでご出演下さいました。「縁」は不思議なもの!「原大輔さん」と33年ぶりの劇的な出会いの場ともなりました
羽岡さんは「郷ひろみ」・「テレサ・テン」・「森進一」・「研ナオコ」・「森昌子」・「アントニオ古賀」・・・多数の歌手に楽曲を提供され、《映画テーマ曲・TV番組・CM・他」の作詞・作曲を手掛ける素晴しい方なのです。
「佐々木ミヨシさん」
今回は「なつかしき恋人の歌」・「初恋」・「別れの朝」・・・優しく激しく(?)
・・・良いですねー!うっとりします!
 
「成 泰三さん」
8月、念願の新曲「雲」(荒木とよひささん作詞・作曲)をリリースされました!《たった一つしかない命を大切に!》のメッセージを込めて!発売以来「新聞・テレビ」で大きく取り上げられています。
 
「原 大輔さん」
当コンサートの開催趣旨に心から賛同して頂いた原さん。初出演のステージで《毎回やって来る!》と宣言して下さいました。本当に4回連続のご出演です。当コンサートになくてはならない「顔」になりました。
原さんは札幌で施設を運営されています。目標は「宮城まり子さん」!歌手活動と福祉を両立させることです!短時間では有りますが来場者に手話のレッスンをして下さいました。
20時40分、コンサートが終了しました。ご来場の方々に感謝の気持を込めてお見送りするスタッフ。
次回は節目となる【10回目】・・・2009年6月開催予定です。益々この輪が拡がり更に大勢の方々がご参加下さいますようお願い致します。