《第13回広瀬川倶楽部チャリティーコンサート》

2004年にスタートした「収益金を全額寄付する広瀬川倶楽部チャリティーコンサート」は、これまでに大勢の方々に各種ご協力・ご参加いただき10年目を迎えることが出来ました。
6月10日(月)、満席の「仙台市福祉プラザ:ふれあいホール」で13回目のコンサートを盛大に開催、今回は仮設住宅にお住まいの方々30名をご招待させて頂きました
今回の寄付金贈呈先は「社会福祉法人 ありのまま舎」・「社会福祉法人 仙台いのちの電話」・「社会福祉法人 仙台キリスト教育児院」・「東日本大震災遺族の会:つむぎの会」
出演者・スタッフ
今年も会場内に、津波被災地から頂いた大きい大漁旗を4枚飾らせて頂きました
「絆舞卸町雀祭連」
先ずは元気よく「卸町5丁目公園仮設住宅」の住民25名のすずめ踊りでスタート
 
『佐藤わか子さん』
いつも元気でパワフル、仙台市民のお助けウーマン
『笠岩ひろしさん』
作詞家&歌手多賀城のサブちゃん
『asariさん』
塩竃市在住のシンガ^ソングラーター今回は塩竃桜恩送りを熱唱
 
『佐々木ミヨシさん』 
当コンサートに10回目の出演シャンソン・ラテン・カンツォーネ・歌謡曲・抒情歌・・・何でもOK
 
『千年さとみさん』
当コンサートに8回目の出演仙台にも大勢のファンが 「有馬徹とノーチェ・クバーナ」のツアーボーカリストとして全国ツアーに参加中
 
【寄付金贈呈式】
「広瀬川倶楽部チャリティーコンサート」・・・第1回からコンサートの途中で収支報告をし、皆様の前で「収益金全額」を寄付する100%純粋なチャリティーコンサートです

『代表 坂上満さん』から来場者へのお礼のご挨拶
『副代表 渡辺耕一さん』から収支報告
@収入(チケット販売・広告代・寄付金) 1,314,500円
A支出(開催諸費用) 730,500円
B収益金 584,000円
※4団体へ「各146,000円」寄付させて頂きます
大勢の方々に各種ご協力いただいた結果の収益金を、皆様の前で「現金」で贈呈させて頂きます

4団体代表者からお礼のご挨拶
『中村ブンさん/箱守壽夫さん』
当コンサート3回目の出演
2012年9月12日発売された老いの応援歌ボケ経は、マスコミにも大きく取り上げられて大評判となっている
今回は母さんの下駄の絵本をスクリーンに映してブンちゃんが朗読
『佐々木ミヨシさん』
ステージ衣装を替えての出演
 
『奥山えいじさん』
当コンサートに4回目の出演
6月19日三年目が発売になります
『高尾六平さん/竹内美穂さん』
渋い温かみのある声で広島を拠点として舞台を中心に幅広い活躍をしている役者『六平さん』
朗読劇「子育て幽霊」には客席からすすり泣く声があの震災の辛く悲しい様々なことを思い出させられるんです
『南一誠さん』
当コンサートには8回目の出演毎回、広島からお越し頂き、仙台にも大勢の熱烈なファンが
仙台へお越し頂くたびに仮設住宅でライブをして頂いている「一誠さん」ステージから来場者・被災者へ心の底から熱いメッセージを送って頂きました